ビジネスパーソンが身につけるべき、説得力のある声

みなさんこんにちは。
LINKS水緒智です!

一流ビジネスパーソンが持つ最強スキルのひとつ、

”説得力のある声”。


大事な商談やプレゼンの時、 お相手にスムーズに理解してもらったり、納得して頂くためには 緊張が伝わる上ずった声や、軽く聞こえる様な声は適していません。

ビジネスパーソンが身につけるべき、「説得力のある声」とはどういった声だと思いますか?


それは、「響きのある低い声」なんです。


一般的には、人を説得したい時や、 リーダーシップを発揮すべき時には、 低い声で喋ると、 人の聴覚に説得力のあるイメージで届く、という効果があります。


しかし、むやみやたらに低い声を出せばいい、という話でもありません! 元々低い音域で喋ったり、歌ったりするのが得意でないのに、 無理やり低い声を作って喋ろうとすれば 声がこもったり、つぶれた感じになって、滑舌も不明瞭になります。

相手に威圧感を与えてしまう可能性もあり、メリットは殆どありません。。


堂々と、しっかりした印象のある 響きのある低い声を出すためには、 やはり、その為の訓練が必要なのです。

そこで、 一番簡単で手っ取り早い方法があります。

それは、胸に響かせながら声を出す事。 胸に手を置いて、その手がしっかりと振動を感じていればOKです。 (この時、顎が下がりすぎないように注意してください!)


この方法が、初心者の方には意識しやすく、 低い声を癖付けるのには向いていると言えます。


しかし!! 低い声を出し続けると喉が疲れてしまう。という方や、 低い声に、更に表情をつけたい。という方には、 更に専門的なトレーニングが必要です。 元々の声が高めの方は特に、低い声で話そうとすると、疲れやすい傾向にあります)


低い声をスムーズに鍛える為のトレーニングは、
まさに筋トレ!!


低い、地声的な声を出す時に優勢になる筋肉のことを、
甲状披裂筋
といいますが、この筋肉を積極的に鍛えていくんです。


ただ、この甲状披裂筋と言う筋肉はとても疲労に弱く、
約6分ほどの連続使用で疲れてしまいます。

間違った鍛え方をしても、すぐに痛めてしまいます。


慎重に正確に、甲状披裂筋を鍛えるために、 ぜひ、LINKSのボイトレを受けてみて下さいね^^


低くて素敵な、説得力バツグンな声。 ビジネスシーンでの必勝法として、身に付けてみませんか?